FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手の感覚1

手の感覚によって体の異常な部位を見つける事を「触診(しょくしん)」と言います。この能力は前回話した通り、水分補給によって維持されます。
触診では異常なコリや張り、ゴマ粒から豆粒くらいの神経の滞り{神経節(しんけいせつ)}、各臓器の位置の異常、全身の骨のズレなどが分かります。この「触診」で、かなり多くの患者さんの情報が分かるので、ほとんどの症状の原因を特定できます。
アメリカにはオステオパス(11年医学と触診を勉強された医師)と言われる「触診」のレベルが神業に近い方々がいます。
その医師達のレベルは例えば、患者さんの手術歴、骨折歴、内臓の病歴などが問診をしなくても「触診」だけでほとんどが分かってしまうという事です。さらに、達人の域になると体の表面の微妙な温度差、一次呼吸と呼ばれる全身の超微細な動きもわかる様になります。
スポンサーサイト
04 | 2016/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

仙骨整体藤森オフィス

Author:仙骨整体藤森オフィス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。